アラキドン酸で美肌効果
免疫向上力

アラキドン酸で美肌効果

年齢を重ねていくとお肌にも老化が現れます。
ケア商品を利用して外部からしっかりお手入れをすることも大切なことですが、体の内側からもきちんとケアしていくことを考えるべきです。
加齢によって体にはいろいろな症状が出てくるため、健康に注意するという事も必要ですが、健康に注意することによって、美肌を作る効果もあるのです。

加齢によって減少する体内の成分には、コラーゲンやヒアルロン酸、さらにアラキドン酸があります。
コラーゲンやヒアルロン酸は美容に関係が深いと思うけど、アラキドン酸も?と疑問に思う方もいるかもしれません。
でもアラキドン酸は、美しい肌を作るという事に関しても非常に重要な成分です。

アラキドン酸は生体調整ホルモンを産生する事が出来ます
ホスフォリパーゼという酵素によって細胞膜から遊離したアラキドン酸にシクロオキシゲナーゼという酵素が働きかけるとプロスタグランジンという物質が産生されます。
これが生体調整ホルモンです。
生きていくために重要なホルモンのバランスを調整する物質がプロスタグランジンです。

プロスタグランジンがアラキドン酸によって産生される際に脂質を利用するため、体内のコレステロールを減少させる効果があります。
血液内のコレステロールが減少すると、お肌に必要な栄養素などがたっぷり運ばれるようになり、肌の新陳代謝が正常化し、肌が美しくなっていくのです。
コレステロールが過剰となっていると、血液がきれいに流れることが出来ず、肌は必要な栄養素を吸収できずトラブルを起こします。
アラキドン酸の体内量が常にたりている状態を作り出すことで、お肌にも有用な働きをしてくれるのです。