アラキドン酸の体にとっての必要性
免疫向上力

アラキドン酸の体にとっての必要性

アラキドン酸はDHA、EPAと並び、脳の働きを健康に維持するために必要な成分として知られています。
DHAやEPAは、多価不飽和脂肪酸のω-3系、アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸のω-6系です。
ビタミンFと呼ばれることもあり、細胞膜を構成する主要成分として、私たちの体にとって必要不可欠な成分です。

脳の中の特に海馬という部分に多く存在していることがわかっています。
海馬は記憶、学習などをつかさどる部分なので、アラキドン酸が不足すると記憶力や集中力、注意力、決断力などに影響が出るといわれています。
ただ脳だけに存在するのではなく、全身の細胞に存在しており、肝臓、皮膚などにもアラキドン酸はなくてはならない成分なのです。

大人にとっても、脳細胞の情報伝達機能の向上や記憶力の向上などに必要不可欠な成分ですが、食品からアラキドン酸を摂取できず、ある程度摂取しても体内で様々な物質に変換する能力が低い乳幼児の場合、母乳や人工乳で補う必要があります。
脳の発達や脳細胞の新生に欠かせない成分なので、近年、人工乳にもこの成分が配合されているものが多くなっています。

アラキドン酸が不足すると、脳への影響のほか、生体調整ホルモンの産生が少なくなってしまうため、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れなどによって精神的な症状が出てくることもあります。
生きていくために必要な機能を維持させる、また向上させるために、アラキドン酸は私たちにとって欠かすことのできない成分です。