授乳中のアラキドン酸の必要性
免疫向上力

授乳中のアラキドン酸の必要性

赤ちゃんの栄養源は母乳、若しくは人工乳、それ以外の食品は離乳期になってやっと少しずつ摂取できるようになっていきます。
生まれてから半年くらいまで、母乳や人工乳で育つのですから、母乳育児のママたちは赤ちゃんに質の高い栄養素を与えることができるように食事に気を使いますし、人工乳についても成分などを気にするでしょう。
授乳期にはDHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸が脳の発達に重要といわれてきましたが、もう一つ、重要な成分があることが判明しています。
それがアラキドン酸です。

1歳までに赤ちゃんの脳は、大人の脳の70%程度に成長するといいます。
脳細胞の発達、新生がとんでもないスピードで行われているという事です。
急成長を遂げる授乳期の赤ちゃんの脳に欠かせないのが、DHA、EPA、そしてアラキドン酸です。
脳細胞の発達を促すDHA、EPA、そしてアラキドン酸は記憶、学ぶ、考えるという情報処理能力に深い関係を持ちます。

大人は肉類や魚介などからアラキドン酸を摂取し体内の細胞に利用する事が出来ますが、赤ちゃんの栄養源は母乳、人工乳です
母乳には豊富なアラキドン酸が含まれていることがわかっています。
これまでDHAやEPAについては脳の発達に欠かせないとして人工乳にも配合されていましたが、最近の人工乳には、情報処理能力や神経伝達機能の向上に欠かせないアラキドン酸も配合されるようになってきています。
母乳育児のママたちは赤ちゃんに野菜などの栄養素と共にアラキドン酸がしっかり吸収できるように、肉類や魚介などをバランスよく摂取する事が求められますし、人工乳を利用するママたちも、アラキドン酸やDHAなどが配合された質の高い商品を選択していただきたいのです。